« α6300のSuper35画質 | トップページ | E10-18mm vs Nokton F0 95 夜間動画対決 »

2016年5月 8日 (日)

夜専用!? NOKTON 10.5mm F0.95

通常、同じ絞り値で比較しても開放Fが暗いレンズの方が画質はよいです
風景撮りが多い私は三脚を据え付けて撮ることが多く、軽くて価格も安い、暗いレンズが好きでした
しかし、動画を撮る機会が増えてからは、明るいレンズが必要になってきました

NOKTONは驚異的な明るさ「F0.95」をもつコシナのマイクロフォーサーズレンズです
明るいレンズが必要だからって・・F0.95までいくか?と思われそうですが
動画のように1/30秒より露光時間を伸ばせない世界では、室内や夜ではISOを上げざるをえず、ノイズが乗りやすいのです
どれだけ明るくても足りないくらいですね

Dsc01276

それにこのレンズ、F0.95にしてはシャープです
中央の軸上色収差も少ないし、周辺まで像が整ってます
ソフトウェア的な処理で補正しにくい収差が少ない・・ともいえるかもしれません

このレンズの用途は、星空のタイムラプスや、夜間や室内での動画です
手持ちの4k機はα6300ですので、アダプターが必要です
マイクロフォーサーズレンズ→Eマウントのマウントアダプターはあまり種類がありません
コシナやKOWAといったMFレンズでしか使えませんし、それらもイメージサークルが狭くなりますからね、酔狂です
それでも中国製(5000円くらい)、台湾製(18000円)、日本製(26000円)があり
うち台湾製をチョイスしました

Dsc01275

マイクロフォーサーズレンズですのでα6300で普通に撮ればけられます
しかし、4k30pだとマイクロフォーサーズとほぼ同じ画角になるんだなあ(笑)
パナソニックのカメラは4kでさらに狭くなります
α6300との組み合わせで使うことにより、F0.95の光量をマイクロフォーサーズと同じ面積で受け取れる訳で
暗所に強い広角の動画機ができると考えたわけです

Photo_3

次回は実際に動画の画質をチェックしてみることにします

« α6300のSuper35画質 | トップページ | E10-18mm vs Nokton F0 95 夜間動画対決 »

レンズテスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜専用!? NOKTON 10.5mm F0.95:

« α6300のSuper35画質 | トップページ | E10-18mm vs Nokton F0 95 夜間動画対決 »